「Set HUT」という掛け声でお腹が動くことで有名な元クリーブランド・ブラウンズのOLコーチであるボブ・ワイリー氏(68)がカナディアンフットボールリーグに加盟しているオタワ・レッドブラックスに加入することがわかった。

レッドブラックスのHCのポール・ラポリスはインタビューに「ワイリーは我々のチームのオフェンシブラインに良い雰囲気をもたらすだろう」と答えた。

ボブ・ワイリー氏は2007年と2008年にウィニペグ・ブルーボンバーズで2009年にサスカチュワン・ラフライダーズで、NFLでデンバー・ブロンコスとオークランド・レイダースの2球団でオフェンスラインコーチをした後、2014年から2016年までウィニペグ・ブルーボンバーズでカナディアンフットボールのコーチを経験している。